アトピークリーム ステロイド ランキング

  

アトピークリームステロイド市販

ステロイドとは「副腎皮質ホルモン」のことを指し、アトピー性皮膚炎の炎症を急速に抑えてくれますが、ステロイドには強さによって5種類に分類されており、症状によって使い分けることが大事です。

 

①Ⅰ群:ストロンゲスト(最も強い)
②Ⅱ群:ベリーストロング(非常に強い)
③Ⅲ群:ストロング(強い)
④Ⅳ群:ミディアム(やや強い)
⑤Ⅴ群:ウィーク(弱い)

 

ステロイドクリームの使用場所目安

Ⅰ群:ストロンゲスト 症状の重いときや、かきむしりにより皮膚が厚くなっている部分に適しています。 顔や首、陰部などの皮膚が薄いデリケートな部分には使用しないようにしましょう。
Ⅱ群:ベリーストロング 症状の重いときや、かきむしりにより皮膚が厚くなっている部分に適しています。 顔や首、陰部などの皮膚が薄いデリケートな部分には使用しないようにしましょう。
Ⅲ群:ストロング 目の周りや顔、首、陰部などの皮膚が薄いデリケートな部分には使用しないようにしましょう。
Ⅳ群:ミディアム 他の強いステロイドクリームに比べ、顔や首などのデリケートな部分へ用いやすいという利点があります。
Ⅴ群:ウィーク 目の周り、顔や首、陰部などの皮膚の薄いデリケートな部分へも使用することができます。

 

Ⅰ群~Ⅱ群は、病院で処方を受けるか個人輸入でしか入手できません。
個人の使用目的でのみ入手可能ですが、比較的安く入手できます。

 

 

Ⅲ群~Ⅴ群は市販されているので通常の通販でも購入することができます!

 

Ⅰ群:ストロンゲストステロイドクリーム

デルモベートクリーム

有効成分:プロピオン酸クロベタゾール
製薬会社:グラクソ・スミスクライン

 

はれが出る等の皮膚の炎症に効果的です。

 

>>>デルモベートクリーム

 

 

Ⅱ群:ベリーストロングステロイドクリーム

ネリゾナ軟膏

有効成分:ジフルコルトロン吉草酸エステル
製薬会社:Deva

 

アトピー性皮膚炎による皮膚の赤み、腫れ、かゆみなどの症状を抑えます。
佐藤製薬のテクスメテン軟膏などと同成分。

 

>>>ネリゾナ軟膏

 

 

Ⅲ群:ストロングステロイドクリーム

フルコートF

有効成分:フラジオマイシン硫酸塩、フルオシノロンアセトニド
製薬会社:田辺三菱製薬

 

【第(2)類医薬品】
市販薬の中ではもっとも強いステロイドクリームです。
有効成分が2種配合。細菌の増加を防ぐフラジオマイシン硫酸塩が配合されているので、化膿にも有効です。

 

>>>フルコートF

 

Ⅳ群:ミディアムステロイドクリーム

ロコイダン軟膏

有効成分:ヒドロコルチゾン酪酸エステル
製薬会社:クラシエ

 

【第(2)類医薬品】
すぐれた抗炎症作用をもつ副腎皮質ホルモンで、皮膚の炎症を抑え、腫れ、かゆみなどをとりさるお薬です。

>>>ロコイダン軟膏

 

 

Ⅴ群:ウィークステロイドクリーム

ドルマイコーチ軟膏

有効成分:2種類の抗生物質(フラジオマイシン、バシトラシン)、ステロイド(酢酸ヒドロコルチゾン)を配合。
製薬会社:ゼリア新薬

 

【第(2)類医薬品】
患部の炎症に効果があるステロイド以外にも、細菌感染に効果のある抗生物質も配合しているのでかきむしってじゅくじゅくした患部や化膿性湿疹にも有効です。

 

 

>>>ドルマイコーチ軟膏

 

 

>>>ステロイド以外おすすめアトピークリームランキングはコチラ