アトピー 色素沈着 クリーム

  

【完全版】アトピーの色素沈着を治すクリーム3選!低刺激の美白法

 

アトピー性皮膚炎でできてしまった色素沈着を治したい・・・。

 

 

そう思った時に、1番手軽に黒ずみを消すことができるのは美白クリームです。

 

 

でも、アトピー性皮膚炎の方が選ぶべき美白クリームは、単に人気が高いクリームを選ぶべきではありません!

 

なぜならば、人気が出る効果の高い美白クリーム程、肌に負担がかかるからです。

 

まずは、美白クリームの成分にはどのような種類があって、どの成分を選ぶのがアトピー性皮膚炎の色素沈着に適しているのか?

 

・・・を分かりやすくまとめてみました♪

 

 

アトピー性皮膚炎の色素沈着に適した美白クリームの成分

美白成分 成分の特徴 アトピーへのおすすめ度
ハイドロキノン 黒ずみの元となるメラニン色素の合成を阻止する働き

メラニン色素をつくるメラノサイトの活動も弱める働き
既に出来てしまった黒ずみを還元作用で解消します

項目3
ビタミンC誘導体 肌表面の美白効果が高いことで知られるビタミンCの浸透力を高めたもの 項目3
アルブチン ハイドロキノンにブドウ糖を結合させ肌への刺激性を低下させたもの
トラネキサム酸 人工アミノ酸。皮膚科でも処方されるメラニン生成を抑える成分
セラミド 細胞間脂質。肌表面の細胞の隙間を埋める成分
プラセンタ 豚や馬などの臍帯血エキスを無菌化したもの。様々な栄養素が入っており、皮膚再生を活性化させる働き

 

アトピー性皮膚炎の色素沈着にハイドロキノンクリームは?

 

非常に高い美白作用があることで有名なハイドロキノンクリームですが、刺激や炎症が起こる可能性の高さでも知られています。

 

皮膚科で処方されるハイドロキノンクリームの濃度は5~10%ですが、アトピー性皮膚炎の方が利用する場合には更に低い濃度がオススメです。

 

アトピー性皮膚炎の色素沈着にビタミンC誘導体は?

 

ビタミンÇ誘導体には、できてしまった黒ずみを還元作用により薄くすることができます。

 

しかし、人によっては刺激を強く感じることもあり、アトピー性皮膚炎の人が使用すると炎症や肌の乾燥といった副作用が起こることがあります。

 

 

アトピー性皮膚炎の色素沈着にアルブチンは?

 

アルブチンは、メラニンを酸化させて黒色化するチロシナーゼの働きを抑える働きがあるので、黒ずみの予防には高い効果が期待できます。

 

一方、既にできてしまっている色素沈着にはそれ程高い効果は期待できません。

 

アルブチンは、肌内部に浸透するとブドウ糖の部分の分子がはずれ、ごく一部がハイドロキノンの作用も発揮します。

 

アトピー性皮膚炎の色素沈着にトラネキサム酸は?

 

トラネキサム酸は、肌への刺激をメラニン生成細胞へ情報伝達されるのをブロックする働きがあり、新しい黒ずみの生成を予防します。

 

アトピーなどの敏感肌の人には、稀に強い刺激を感じる人もいます。

 

セラミドはアトピーの色素沈着に効果ある?

 

アトピー性皮膚炎は、肌表面のバリア機能が壊れることによって乾燥や刺激物質が肌内部に侵入することによって痒みが起こされます。

 

そして、搔いてしまうことで炎症が起こり、体の防衛反応としてメラニン色素が作られます。

 

このサイクルの継続が、アトピー性皮膚炎の色素沈着の原因です!

 

セラミドは、アトピー性皮膚炎の色素沈着に直接の効果はありません。

 

しかし、セラミドには壊れてしまった皮膚バリアの細胞間の隙間を埋める働きがあり、新しい黒ずみの発生予防に最適な成分です!

 

セラミドにも色々な種類がありますが、おすすめなのは人間が持っているセラミドに構造の近い「ヒト型セラミド」です!

 

 

アトピーの色素沈着におすすめなのはプラセンタエキス

 

肌刺激の全く無い美白成分。

 

皮膚のターンオーバー(皮膚再生)を促進させることにより、色素沈着を解消します!

 

 

以上の美白成分を比較した上で、アトピー性皮膚炎の色素沈着に適したおすすめの美白クリームをランキング形式でまとめました♪

アトピーの色素沈着におすすめ!美白クリームランキング

 
アトピー色素沈着クリーム1位

薬用アットベリー

 

アトピー色素沈着クリーム1位
薬用アットベリーの特徴

 

プラセンタが主成分の美白クリーム。
美容成分97.8%高濃縮配合で内容量は60gとたっぷり。
ヒト型セラミド(セラミド3)配合以外にも、ヒアルロン酸、コラーゲンなど充実の保湿成分。
エステサロンのミュゼプラチナムでも使用の信頼実績。
着色料・シリコン・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤・鉱物油・アルコール・パラベンの7つの不使用でお肌に安心処方。


価格 7,450円
評価
備考 定期コースで初回2,980円

アトピー色素沈着クリーム1位 薬用アットベリーの総評

 

美白クリームの中でも最も刺激が低いプラセンタを主成分に使用したアトピーの色素沈着に最もおすすめの美白クリーム。
美白作用以外にも保湿クリームとして優秀なので、黒ずみ美白・保湿が同時にできてしまいます。
良い香りの使っていて楽しくなる美白クリーム♪

 

 
 
アトピー色素沈着クリーム2位

ピューレパール

 

アトピー色素沈着クリーム2位
ピューレパールの特徴

 

プラセンタが主成分の美白クリーム。
さらにサポート成分として【9種の美白植物成分】を配合。
ヒアルロン酸3種、セラミド3種、コラーゲン3種と保湿成分を贅沢配合。
石油活性剤、紫外線吸収剤、合成香料、着色料の4つの不使用。


価格 7,600円
評価
備考 定期コースで初回2,750円

アトピー色素沈着クリーム2位 ピューレパールの総評

 

ピューレパールも刺激のない美白クリームとして有名です。
アットベリーと同じ60gに内容量を増加し、定期コースの縛りも無くしたことで人気再上昇中のクリームです!
まずは、プラセンタ配合の美白クリームを手軽に試してみたい方におすすめ♪
コスパ良しの無刺激美白クリーム

 

 

 
 
アトピー色素沈着クリーム3位

クレアフォート

 

アトピー色素沈着クリーム3位
クレアフォートの特徴

 

プラセンタが主成分の美白クリーム。
内容量は30gと少ないものの、ビタミンÇ誘導体でできてしまった黒ずみもケア。
更に、プルーン分解酵素エキス、ビサボロールといったメラニン抑制成分を独自配合。
ヒト型セラミド(セラミド3)、ヒアルロン酸、コラーゲンなど充実の保湿成分。
着色料・アルコール・紫外線吸収剤・鉱物油・パラベン・香料の不使用でお肌に安心処方。


価格 8,600円
評価
備考 定期コースで初回4,960円

アトピー色素沈着クリーム3位 クレアフォートの総評

 

内容量は30gと少ないものの、低刺激の美白成分が充実配合。
定期コースの縛りがない点も魅力です。
値段は高いけれど高い美白効果が期待できるクリーム♪

 

 

アトピー性皮膚炎におすすめのボディクリームをまとめました♪ぜひ参考にして下さい!